2012年04月26日

陽のあたる方へ

_Z7O1729.jpg

あたたかい方へ 風の吹くほうへ
posted by master at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月22日

桜春にて

_Z7O1133.jpg

そこに じっと待ち ときを 待ち
万を時して咲き誇り
散って先を待ち...
posted by master at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月14日

去来すること

_1070279.jpg

毎日のくりかえし。毎日があたらしい。
posted by master at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月12日

みどりいろが

_0338699.jpg

暖かい風とひかりで濃くなってました。
posted by master at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月11日

希望の光は

_1070200.jpg

阻まれていても輝き続けている
posted by master at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月10日

愛おしい時間は

_1070219.jpg

いつも寄り添っていて
いつもゆっくりじっくり寄り添って
posted by master at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月09日

古城の町に

_1070185.jpg

遅い春が近づきつつも
posted by master at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月08日

孤高の峯にて

_0338641.jpg

人は、孤独を味わうことにより、己に厳しくなり、他に優しくなる。
いずれに傾いても、人格が磨かれる。<ニーチェ>
@Mount_Fuji
posted by master at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月04日

春の雪に

_1070166.jpg

覆われ 目には触れられないが そこには確かにはる
posted by master at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月03日

替わりめは

_1070154.jpg

ときに激しく ときに穏やかに やがて懐かしく
posted by master at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月02日

石ころは

_0338632.jpg

背伸びしても 踏まれても
石ころは石ころ
posted by master at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記