2013年04月30日

そこにあって 見えないもの

130430.jpg

春の陽気に ゆっくり歩いてみた。
青空に白い雲もゆっくり歩いていた。

冷たい風に逆らって青ザギがふわりと浮かんで頭のうえを飛んでゆく。そして耕した田んぼにゆっくり降り立つ、遠くを憂いた眼差しで凛と立つ。さくらの花は散り萌葱にかわり、新鮮な春色は太陽に照らされて目にやさしい。土が起きる香り日向の香りは心地がよい。

そしてまた ゆっくり歩みを進める いま或る春を感じながら。
posted by master at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記